アドミッション
ポリシー

目的

本学は、建学の精神に則り、教育基本法及び学校教育法に基づき、医学並びに保健医療福祉分野の教育及び研究を行い、優れた医療人及び教育・研究者を育成し、もって人類の福祉に貢献し、医療の発展に寄与することを目的とする。

使命

人間への深い愛と豊かな人間性を持ち、幅広い知識と優れた技術を備え、かつ科学的な理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医療専門職者を育成する

教育目標

  • 幅広い教養と心豊かな人格の育成
  • 専門性の高い知識と技術の修得と実践力の育成
  • 優れたコミュニケーション能力の育成
  • 多職種連携・地域医療を担う能力の育成
  • 社会の保健・健康維持に貢献し社会的責任を果たすことができる能力の育成
  • 次世代の医療科学を担う創造性及び研究能力の涵養
  • 国際性ならびに国際保健への関心の涵養
  • 生涯学び続ける能力の涵養

ディプロマ・ポリシー

本学は、建学の精神ならびに目的、使命、教育目標のもとに、人間への深い愛と豊かな人間性を持ち、幅広い知識と優れた技術を備え、かつ科学的な理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医療専門職者を育成し、在学中に所定の単位を修め、所定の学修成果に到達した学生に学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー

本学は、建学の精神ならびに目的、使命、教育目標のもとに、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を達成することのできる人材を育成するための教育課程を編成します。
大学での学びに必要な学修方法や基本的能力を修得する科目および医療専門職者として必要な専門領域以外の自然科学、人文科学、語学などの多彩な教養科目を開講します。
カリキュラムに大学独自のあるいは先端的な研究の要素を含めながら専門科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講します。

アドミッション・ポリシー

本学は、建学の精神ならびに目的、使命、教育目標ならびに学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)を理解し、主体性をもって学び医療専門職者を志す学生を求めます。また、学生を適正に選抜するために多様な選抜方式を実施します。また、高等学校までに修得すべき「関心・意欲・態度」「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」は学力試験などで判断します。

入試情報