看護学部 看護学部

School of Nursing

看護学部

2022年4月開設

[卒業時に受験可能な国家資格]
看護師/保健師※1/助産師※1
  • ※1選択制

School of Nursing

看護学部

2022年4月開設

[卒業時に受験可能な国家資格]
看護師/保健師※1/助産師※1
  • ※1選択制

温かく豊かな心と
看護の専門性を身につける。

現代の医療現場では、医療専門職が連携して最適な医療やケアを提供することが求められています。
豊かな心で人間を理解し、高度な専門性を発揮して活躍できる看護師を育成します。

実践的なIPE(多職種連携教育)を展開

学部の枠を超えて行う多職種連携教育を、1年次から段階的に展開。臨床現場に近い環境で医・薬・看護・リハビリテーションそれぞれの着眼点を知り、各職種への理解を深めながら、高度なIPW(多職種連携)を学んでいきます。

大学病院における多様な実習

充実した施設・設備が整った兵庫医科大学病院がメインの実習施設。診療チームの一員として患者さんに接し、質の高い医療を提供するための素養や問題解決力を実践の中で身につけます。

看護学部

返還免除あり!安心して学べる奨学金制度

グループのスケールメリットを活かして、在学中の頑張りを経済的にサポートする奨学金制度があります。卒業後に看護師・助産師として兵庫医科大学病院/看護師として兵庫医科大学ささやま医療センターに4年間就業すると全額弁済免除となります!

兵庫医科大学病院奨学金 兵庫医科大学ささやま医療センター奨学金
貸与金額 50万円
(1年間)
50万円
(1年間)
貸与期間 3、4年次
(修学期間内)
最大4年間
(修学期間内)
貸与人数 各学年50名以内 各学年5名

学びのポイント

細やかで手厚い1年次からのサポート体制

01

高度で先進的な医療から
地域に根ざした医療まで学べる環境

高度で先進的な医療から地域に
根ざした医療まで学べる環境

高度で先進的な医療を担う兵庫医科大学病院や、地域医療を支える兵庫医科大学ささやま医療センターが同一法人内にあり、安心して臨床実習が行える環境が整っています。

臨床経験豊富な

02

海外研修、留学により
国際社会で活躍できる力が身につく

海外研修、留学により国際社会で
活躍できる力が身につく

オーストラリアの国立アデレード大学との交換留学を実施。語学力とともに、現地の授業を受講して看護における国際的な感性を養います。

東洋医学を学べる

03

保健師、助産師の国家試験受験
資格を在学中に取得可能

看護師資格に加え、在学中に保健師または助産師の資格取得をめざせます(定員あり)。看護師はもちろん、保健師・助産師も全国平均と比べて毎年高い合格率です。

4年間の学び

1年次

IPW(多職種連携)を意識しながら土台づくり

他学科や兵庫医科大学医学部との合同学習をとおして、
「多職種連携」で活躍できる医療人としての基礎を固めます。

2年次

病院実習で看護師に
必須な知識・技術を学ぶ

兵庫医科大学病院の病棟実習で実際に患者さんを受け持ち、看護技術やコミュニケーション能力を身につけます。本学を卒業した先輩ナースも在籍しており、現場の実習を優しくサポートしてくれます。

3年次

専門性を高めて実践スキルを磨く

約半年間にわたる臨地実習(急性、慢性、精神、小児、母性、老年、在宅の7分野)で実践力を高めます。

4年次

IPW(多職種連携)での活躍を目標に、
学びを集大成

医療現場で即戦力となることをめざして、知識と技術をまとめ上げ、「多職種連携」への対応力を強化します。

看護師国家試験 受験
2020年度 看護師国家試験
合格率:99.2%
保健師国家試験 受験
2020年度 保健師国家試験
合格率:100%
助産師国家試験 受験
2020年度 助産師国家試験
合格率:100%

PICKUP授業

免疫学I(2年次)

基礎看護技術I[生活援助](1年次)

基本的な看護技術の修得をめざし、「援助技術」「感染予防の技術」「観察技術」を学修。プライバシーに配慮した実践力も養います。

実務実習事前学習(4年次)

成人看護学実習II[慢性](3年次)

慢性看護援助、がん看護援助など講義や演習で学んだ知識と技術をもとに、実際に患者さんを受け持つ看護実習に取り組みます。

在学生インタビュー

東 沙恵良さん

東 沙恵良さん

兵庫医療大学
看護学部 看護学科 2年次

伊丹市立 伊丹高等学校 出身

※学年は取材時

患者さんの心に触れた看護実習など
探究心を刺激される学びに満ちている。

進学先に選ぶ決め手になったのは、さまざまな医療専門職を志す学生が集う大学だという点。周りの高いモチベーションに影響を受けて、私自身の学びの質も変わるだろうと思い入学しましたが、実際その通りだと実感しています。2年生になると「慢性看護援助論」や「急性看護援助論」など、専門的な知識・技術が身につく授業が始まり、さらにモチベーションが上がります。「基礎看護学実習II」では、病院で神経難病の患者さんを担当。常に患者さんの気持ちに寄り添うことを大切にしながら、積極的にコミュニケーションを取っていった結果、病院の看護師さんにも話していなかった胸の内を明かすほど心を開いてくださいました。とても実りが多く、また学んできたことを発揮できたという手応えを感じられる実習でした。大学の先生方は優しく、些細なことでも質問しに行くと快く教えてくださいます。気軽に質問できる環境で勉強できるのは、とても心強いですね 。以前は小児科への就職を志望していましたが、他の分野にも興味が湧き、さらに広く、深く学びたいという意欲が高まっています。

就職情報

医療機関を中心に、企業、自治体など活躍の場は多彩
大学院進学でさらなるキャリアアップも可能

進学
  • 兵庫医科大学大学院 看護学研究科(修士課程)へ進学
  • その他大学院へ進学
就職
  • 大学病院
  • 訪問看護ステーション
  • 保健所※[保]
  • 教育・研究機関
  • 診療所
  • 高齢者施設
  • 保健センター※[保]
  • 学校保健室
  • 公立・公的・民間病院
  • 企業の健康管理部門※[保]
  • 助産所※[助]
  • 行政の保健福祉部門
  • [保] 保健師の資格が必要です
  • [助] 助産師の資格が必要です
就職先

兵庫医科大学病院/兵庫医科大学ささやま医療センター/京都府立医科大学附属病院/神戸大学医学部附属病院/大阪市立大学医学部附属病院/東京大学医学部附属病院/大阪医科大学附属病院/滋賀医科大学医学部附属病院/関西医科大学附属病院
大阪府済生会吹田病院/神戸中央病院/京都第一赤十字病院/加古川中央市民病院/神戸市立医療センター西市民病院/神戸市立医療センター中央市民病院/西神戸医療センター/鳥取県立中央病院/兵庫県立西宮病院/兵庫県立姫路循環器病センター/箕面市立病院/市立池田病院/関西ろうさい病院
藍野病院/柏厚生総合病院/医療法人社団福寿会/湖東記念病院/北野病院/東加古川病院/明和病院/甲南医療センター/六甲アイランド甲南病院/製鉄記念広畑病院/神戸協同病院/神戸アドベンチスト病院
シミックヘルスケア・インスティチュート

卒業生インタビュー

柳 さおりさん

柳 さおりさん

兵庫医科大学病院 勤務

兵庫医療大学 看護学部 看護学科

2012年 3月卒業

多職種と連携しながら
お産から産後まで寄り添いサポート。

少子化でお産件数が減少する中、母子への良いサポートのために看護学を深めたいと思い、一度退職して兵庫医療大学大学院に進学。現在は復帰しM F IC U(母体・胎児集中治療室)の主任を務めています。また、子ども虐待対策チームにも所属し、科内のスタッフだけでなく小児科の看護師や精神科医、ソーシャルワーカーなど、幅広い職種とも連携しています。持病があったり、周囲にサポートしてくれる人がいないといった不安を抱える妊婦さんに対しては、地域の保健師さんに訪問していただいて情報を共有し、産前から産後まで母子をフォローしています。お産に際して大切にしているのは、ネガティブな思いをしないよう妊婦さんに寄り添うこと。前回のお産で辛い経験をした産婦さんには、今回は満足のいくお産となるよう配慮したり、その方に合った関わりを心がけています。「今までのお産で一番いい助産師さんだった」とお褒めの言葉をいただけると、とてもやりがいを感じます。

IPW(多職種連携)における
看護師の役割を教えてください

妊婦さんは、さまざまな不安を抱えています。診察時に医師からヒアリングを行いますが、言いづらいこともたくさんあるでしょう。看護師は妊婦さんと接する機会が多いため、そういった部分をうまく聞き出してチーム内で共有します。さまざまな思いを聞き出して調整役に徹する。そういった面では、さしずめ看護師はコーディネーターのような役割を担っていると思います。

学部