薬学部 薬学部

School of Pharmacy

薬学部

2022年4月開設

[卒業時に受験可能な国家資格]
薬剤師

School of Pharmacy

薬学部

2022年4月開設

[卒業時に受験可能な国家資格]
薬剤師

IPW(多職種連携)の現場を担う、
薬のプロを育成。

薬剤師には、人の命に関わる薬を取り扱う責任、知識や技能が必要とされます。6年間で薬学の基礎から臨床薬学まで幅広く学びながら、医系総合大学の強みを活かした薬学部多職種連携教育で、医療現場に貢献できる実践力を育み、信頼できる薬剤師を輩出します。

実践的なIPE(多職種連携教育)を展開

学部の枠を超えて行う多職種連携教育を、1年次から段階的に展開。臨床現場に近い環境で医・薬・看護・リハビリテーションそれぞれの着眼点を知り、各職種への理解を深めながら、高度なIPW(多職種連携)を学んでいきます。

大学病院における多様な実習

充実した施設・設備が整った兵庫医科大学病院がメインの実習施設。診療チームの一員として患者さんに接し、質の高い医療を提供するための素養や問題解決力を実践の中で身につけます。

薬学部

学びのポイント

細やかで手厚い1年次からのサポート体制

01

細やかで手厚い
1年次からのサポート体制

苦手分野へのサポートを、1年次から一人ひとりきめ細やかに行い、各段階でマスターすべき学修内容を確実に積み重ね、学生のやる気に応えます。

臨床経験豊富な

02

臨床経験豊富な
医師・薬剤師の教員による指導

兵庫医科大学病院などの臨床現場における経験が豊富な医師・薬剤師の教員が在籍しています。その経験に基づく親身な指導で、医療現場で求められる力を身につけます。

東洋医学を学べる

03

確かな学力を育み国家試験合格へ
つなげる薬学教育センター(仮称)

各学生の学修状況を把握し、個別面談や対策講座を実施します。分野横断的な学びで、卒業時の薬剤師国家試験合格へとつながるサポートを提供します。

6年間の学び

1年次

IPW(多職種連携)を意識しながら土台づくり

他学科や兵庫医科大学医学部との合同学習をとおして、
「多職種連携」で活躍できる医療人としての基礎を固めます。

2年次

授業と実習の組み合わせで
理解度アップ

1年次に学んだ内容をもとに学内実習でしっかり修得。化学系・生物系の基礎薬学の科目が増えます。

3年次

薬の作用やメカニズムを学ぶ
専門分野がスタート

医薬品の作用を観察する「薬理学実習」や漢方薬を扱う「天然薬物学実習」などで専門性を高めます。

4年次

薬のエキスパートにグッと近づく
実践的な授業

「実務実習事前学習」で薬剤師に必要な専門知識・技能・態度を身につけます。共用試験対策の補講も。

5年次

合計5ヶ月間の実務実習で
臨床スキルを磨く

病院や薬局で医療スタッフや患者さんと直に接し、病院と薬局でそれぞれ2.5ヶ月間、調剤や服薬指導などを行うことで現場対応力を鍛えます。

6年次

研究の総仕上げと国家試験合格に向けて

自らの研究成果を論文にまとめます。また、国家試験対策ゼミや補講などを利用して国家試験合格をめざします。

薬剤師国家試験 受験
2020年度 薬剤師国家試験
合格率:83.0%(全国平均85.5%)

PICKUP授業

免疫学I(2年次)

免疫学I(2年次)

人の生体防御反応である免疫応答を組織、細胞、分子レベルで理解します。

実務実習事前学習(4年次)

実務実習事前学習(4年次)

5年次からの実務実習に先立って、大学内の「臨床薬学研修センター」で調剤・製剤、服薬指導など、薬剤師職務に必要な基礎知識や技能を修得していく学内実習です。

在学生インタビュー

中東和暉さん

中東和暉さん

兵庫医療大学
薬学部 医療薬学科 4年次

兵庫県 報徳学園高等学校 出身

※学年は取材時

実践的なコミュニケーション演習が
試験にもIPW(多職種連携)にも役立った。

さまざまな模擬症例に対して、どのような治療が施されているか。どのようなことを患者さんに伝えれば良いのか。ゼミでは、こうしたテーマを学生が主体となって議論し、薬剤師役と患者役に別れて実践まで行うグループワークに取り組んでいます。この経験は、実習前に技能などが一定基準に達しているかを評価する「OSCE試験」でも役立ちました。OSCE試験の内容を先生の前で実演する「新・実務実習事前学習III」も、学びの多い授業でした。模擬患者さんへの応対も実演するため、座学だけでは身につかないコミュニケーション能力を試験前に伸ばせたのはアドバンテージになったと感じています。他にも白衣の着方から実務内容に至るまで、細やかに指導していただくことで気を引き締めて試験に臨めたと思います。「チーム医療論演習」では、他学部と合同で模擬症例について議論します。それぞれの医療専門職者の立場から意見を出し合いますが、時には薬剤師がリーダーシップをとって議論を進めなければならない場面もあり、ここでもゼミでの経験が活かされました。

研究室紹介

物理系薬学分野

物質の物理的性質や相互作用などを学び、人々の健康に役立つ物質の開発や、薬や化学物質の性質、生体に与える影響などを調べる分析法の開発研究を行います。

・物理化学 ・生体分析化学

化学系薬学分野

物質の化学構造や化学的性質など、薬学の基礎となる「化学」について深く学び、薬の化学合成や創薬のための研究を行います。国内外の大学や製薬企業とともに新薬開発をめざす共同研究も行います。

・有機化学 ・天然薬物学 ・創薬化学

生物系薬学分野

遺伝子や身体の基本単位であるタンパク質の構造、細胞や組織の構造とはたらき、また異物から身体を守る仕組みなどを解明し、身体の成り立ちと仕組みについて学びます。

・生化学 ・生理学 ・免疫学

衛生薬学分野

健康の維持・増進と福祉の向上への貢献を目的として、栄養と健康、食品の安全性、疾病の予防に関する基本的知識や化学物質の検出と毒性を理解し、技能・態度を修得します。

・衛生科学 ・毒性学 ・微生物学

薬理学分野

薬が生体に対してどのように作用するかを個体、臓器、細胞、分子のさまざまなレベルで研究し、薬物治療や創薬の発展を目指します。

・薬理学

薬剤・薬物動態学分野

薬の効果は、薬の形態や体内における薬の吸収・分布・代謝・排泄に大きく影響されます。このような薬物動態、およびその解析方法を研究し、より効果的な薬物治療を追求します。

・薬剤学 ・薬物動態学 ・先端医療薬剤学 ・臨床ゲノム薬理学

病態・薬物治療学分野

薬剤師は、薬の知識を活かすため病気に関する知識と理解が必要不可欠です。病気の原因・診断・治療について学び、薬の作用を病気と結びつけ、役立つ薬物治療の知識を学びます。

・薬物治療学 ・漢方医学

臨床薬学分野

実際の臨床現場で薬剤師として働くことを想定した上で、必要となる技術や専門知識を学びます。現場での課題や問題点を分析し、改善方法を検討する研究なども行っています。

・臨床薬剤学

就職情報

病院・薬局はもちろん、医療・研究・行政など、
専門性を活かして多彩な分野で活躍できる

進学
  • 兵庫医科大学大学院 薬学研究科(博士課程)へ進学
  • その他大学院へ進学
就職
  • 薬剤師
  • 薬系関連企業
  • 教育・研究開発
  • 医薬品開発
  • 医療品管理
  • 薬務行政
  • 麻薬などの管理・取締
  • その他
就職先

鳥取赤十字病院/愛仁会グループ/神鋼記念病院/大阪府済生会野江病院/笹生病院/藤元総合病院/神戸市立医療センター中央市民病院/兵庫県立尼崎総合医療センター
日本調剤/アインファーマシーズ/ファーマシィ/なの花薬局/共和メディカル/i&H/たんぽぽ薬局/クラフト/大阪ファルマプラン/アルカ/メディカルユアーズ/トライアドウエスト/サンミ企画/トリニティー/スギ薬局/マツモトキヨシ/ココカラファインヘルスケア/サンドラッグ/ウエルシア薬局/アカカベ/中部薬品 V・ドラッグ
シミックホールディングス/アストラゼネカ/新日本科学PPD/科研製薬/PRAヘルスサイエンス/エーザイ

卒業生インタビュー

坂本慎平さん

坂本慎平さん

前田薬局 勤務

兵庫医療大学 薬学部 医療薬学科

2019年 3月卒業

安心して服薬できる環境づくりが大切。
在宅医療でも重要な役割を担う。

学生の頃から薬局経営をしたいと考えていたため、今は大学の実習でお世話になった地域の薬局で働いています。患者さんは医師に悩みをすべて相談できるわけではありません。私たち薬剤師に「聞くのを忘れてたんだけど」と切り出す患者さんはとても多くいらっしゃいます。薬に関する疑問を解消するのはもちろん、健康面や生活面など多様な質問に答える必要があるため、在学中に多職種連携の学修をとおして身につけた知識が非常に役立っています。在宅医療を受ける患者さん宅に訪問することもありますが、医師や看護師と連携しながら患者さんとじっくり向き合うことで、トータルな健康管理に携われるのは大きなやりがいですね。今後は在宅医療も含めて、薬剤師に求められる職能はさらに広がっていくはずです。時代に合わせた薬局経営を模索しながら、将来的には業務での経験をフィードバックし、大学などで薬剤師の育成にも携わりたいと考えています。

IPW(多職種連携)における
薬剤師の役割を教えてください

患者さんの薬に対する不安を取り除き、安心して薬を飲んでいただく環境をつくることが薬剤師の大きな役割だと思います。チーム医療においても、薬のプロフェッショナルとして医師や看護師の疑問に答え、治療の基礎になる部分を支える重要な役割を担っていると感じています。

学部