2022年4月。新たな「兵庫医科大学」へ

3分でわかる兵庫医科大学

未来の医療人を育む教育体制

2022年4月。新たな「兵庫医科大学」へ

兵庫医科大での
学び

未来の医療人を育む教育体制

01

何が変わるの

医・薬・看護・
リハビリテーションの4学部を
擁する
西日本最大級の
「医系総合大学」へ

2022年4月、兄弟校の兵庫医療大学(兵庫県神戸市)と統合。
医系総合大学として学部・職種の垣根を超えたIPE(多職種連携教育)を充実させ、近年の医療現場で重視されている「多職種連携」を担う医療人へ成長することができます。

  • 医学部
  • 薬学部
  • 看護学部
  • リハビリ
    テーション
    学部
02

兵庫医科大学ってどんな大学

附属の大学病院を活用した
医療現場との連携で
「現場で活躍できる強い医療人」を
育成

兵庫県最大の病床数を誇る兵庫医科大学病院を同一法人に有しているため、「臨床現場に近い環境でのIPE(多職種連携教育)」を提供しています。
現場の医療専門職者が講義や指導を行うことで、より実践的な学び・実習が可能です。

就職においては兵庫医科大学病院の強い就職パイプにより、医療職者をめざす人に最適な環境が整っています。また、兵庫・大阪の約130の医療機関が加入する「学校法人 兵庫医科大学 連携病院の会」の会員病院が参加し、本学学生のためだけに合同病院説明会を開催するなど、スケールメリットを生かしたキャリアサポートが可能です。

1972年から培ってきた医療人育成の実績をもとに、医療現場で活躍できる人材を輩出し続けることを使命としています。

03

多職種連携、チーム医療の学びって

単なる役割分担を超えた
医療専門職者の連携を学ぶ

IPW(多職種連携)とは、医療専門職が単なる役割分担の域を超え、専門性を活かしながら相互に影響を及ぼし合うことで、患者さんのQOL(生活の質)を向上させる医療を提供することです。

高度化する医療の現場では、ますます多職種連携が重要になります。兵庫医科大学では、段階的に行うIPE(多職種連携教育)をとおして、他職種の仕事を学ぶ機会や、他学部の学生と関わる機会を多く設けています。以下に代表的なプログラムを紹介します。

代表的な学びのプログラム

早期臨床体験実習[ 他職種の働きを入学直後に体験 ]

1年次前期に、附属の大学病院を活用した学部合同の実習を実施します。⼊学後間もない段階から、他職種も含めた医療専門職者の仕事を見学します。臨床現場の医師や薬剤師、看護師などが働く姿に間近で触れることは、その後の学びのモチベーション向上にも繋がります。

チーム医療論演習[ 多職種連携をシミュレーション ]

医学部は3年次、薬・看護・リハビリテーション学部は4年次が参加する実践的な演習です。TBL(Team based Learning:チーム基盤型学修)を採用しており、与えられた症例シナリオを学部混成の小グループによる模擬カンファレンスで討議します。演習をとおして課題への理解を深め、チームで課題に解決していく力を身につけます。学生の発表後には兵庫医科大学病院の医師・医療専門職者による模擬カンファレンスも行われ、プロフェッショナルの討議を肌で感じます。
学生たちは、医療チーム内における専門職者としての役割やコミュニケーションの重要性を理解しながら、IPW(多職種連携)への意識を高めます。

特長