キャリア形成・
就職サポート

在学中だけではなく、
卒業後も学び続けられる環境

大学病院を有する強みを活かし、充実した実習環境による医師・メディカルスタッフの育成から、
就職を含めた⽣涯のキャリア形成、卒業後のサポートまで、キャリアステージに合わせた⽀援を⾏います。

各分野で活躍する先輩

松田鋼介さん

医師

患者さんの喜びをやりがいに
QOLを見据えた治療を施す。

兵庫医科大学病院 勤務
松田鋼介さん
医学部 医学科 2020年3月卒業

詳細をみる閉じる

私は今、初期研修医として診療科をローテートする日々を送っている。
研修医になりたての頃は、点滴のルート確保にも苦戦していたが、徐々に手技も判断力も磨かれ、上級医や他の医療スタッフから戦力と見なされるようになってきた。

大きく意識が変わったのは、アレルギー・リウマチ内科にいた頃のこと。
痛みで満足に眠れない関節リウマチの患者さんにステロイドで加療を行い、「ぐっすり眠れた、歩けるようになった」と喜ばれた。治療はQOL(quolity of life:生活の質)に直結し、生きる喜びにも通じる。そこに深く関われる医師という立場を誇らしく感じた瞬間だった。

開業医である両親のもとに生まれ、自然と医師を志した私。動機はさほど純度の高いものではなかったかもしれない。しかし、病気で苦しむ患者さんが治療により回復し、元気になる姿を間近に見ている今、この道を選んで良かったと純粋に思う。

久保亜里菜さん

薬剤師

緊張があるからこそ学び、
患者さんのために成長する。

兵庫医科大学病院 勤務
久保亜里菜さん
兵庫医療大学
薬学部 医療薬学科 2020年3月卒業

詳細をみる閉じる

入職1年目の主な業務は抗生剤、点滴剤、抗がん剤などの調剤。
処方に関して疑問がある場合は、医師に疑義照会をすることもある。自分が提案した処方が採用されることは素直にうれしい。それ以上に、患者さんにより適した薬を届けられることが喜びだ。

人の体に作用する薬を扱う仕事は、緊張を伴う。でも緊張感があるからこそ、日々勉強を続けられるし、成長できるのだろう。

職場には学生時代の先輩が多く、気軽に相談できる。今の先輩たちの姿が数年先の私だと考えると、キャリアビジョンをイメージしやすく、モチベーションにもなる。

実習生に対しては、試験のための勉強ではなく責任ある業務のための勉強であることを伝え、つい最近まで学生だった私ならではの目線で指導している。
まずはジェネラリストとして幅広く知識を身につけたのち、疾患ごとに特化した認定薬剤師を取得するのが目標だ。

池上歩花さん

看護師

一人ひとりの思いを受け止め、
患者さんの人生を支える。

三菱神戸病院 勤務
池上歩花さん
兵庫医療大学
看護学部 看護学科 2019年3月卒業

詳細をみる閉じる

内科病棟で診療の補助や入院患者さんの介助などに携わって2年。
毎日、さまざまな疾患や治療と向き合っている。

患者さんを一番近くでサポートする立場として、看護師は医師や薬剤師、理学療法士など他職種とのパイプ役も担う。やるべき業務も、やりたい業務も膨大だ。
それでも、すべてに同じだけの時間を掛けることは許されない。ジレンマを抱えながらも、私にできる最善を尽くしている。

そんな日々の中で、回復していく患者さんの笑顔は何よりの励み。
より多くの患者さんを笑顔にするためにも、まだまだ学ぶべきことは多い。

今でも学生時代に書き込んだ資料を見返して、看護学への理解を深めているが、これからは疾患や治療の先にある患者さん一人ひとりの思いや生活にも配慮した看護を提供していきたい。
退院後、患者さんがどう生きていきたいのか。そこまで理解して支えられる看護師をめざしている。

西郷聡さん

理学療法士

対話で患者さんに寄り添い、
ニーズを軸にしたリハビリを提案。

兵庫医科大学 ささやま医療センター 勤務
西郷聡さん
兵庫医療大学
リハビリテーション学部 理学療法学科 2017年3月卒業

詳細をみる閉じる

丹波篠山という土地柄、農業に従事されている患者さんが多く、作業動作や生活スタイルに適ったリハビリが求められる。
心掛けているのは、自分基準ではなく患者さんのニーズに合わせた目標設定をすること。
「もっと良くなるはずだからこうした方がいい」という執着は、本質を見失う危険性があるからだ。

患者さんのモチベーションを上げるためには、対話が大切。
リハビリに前向きになってもらうため、趣味嗜好に関する情報を集めることもある。
もちろん最新の研究や論文のチェックも欠かさない。毎朝1時間ほどの勉強を習慣づけ、同じ障がいに対してもより効果的なアプローチができないか、模索し続けている。

浪花めぐみさん

作業療法士

自分のすべてを治療に役立てる。
アプローチに正解はないから。

医療法人山西会 宝塚三田病院
浪花めぐみさん
兵庫医療大学
リハビリテーション学部 作業療法学科 2015年3月卒業

詳細をみる閉じる

精神分野の作業療法は、好きな活動に没頭することで症状を抑え、自身でコントロールする方法を見つけるのが目的だ。

約60名の患者さんを看護師らと連携しながら担当し、時に私がリーダーとしてプログラムの立案から実施までを行う。
プログラム内容はクラフトや料理、園芸などさまざま。趣味のギターを活かして一緒に歌を楽しむこともある。

女性の患者さんのために、メイクセラピーやフェイシャルマッサージの資格も取得した。
作業療法は何か道具を使って行うイメージが強いかもしれない。でも、この仕事の本当の面白さは、自分自身を治療手段として役立て、一人ひとりに寄り添った療法を行えることだと思う。

キャリアデザインセンター(神戸キャンパス)の特長

キャリアデザインセンターでは、
各種支援・プログラム提供をとおして、
学生それぞれが描くキャリアの実現をサポートします。

医療機関や学部教員との連携による⽀援

医療専門職として経験豊富な教員による指導や、キャリアデザインセンターによる就職活動の⽀援で、一人ひとりのキャリア形成を強固にバックアップします。

さらに、兵庫医科⼤学病院やささやま医療センター、連携病院の会との連携力を活かし、キャリア形成⽀援・就職⽀援を実施しています。

本学の学⽣のためだけに開催される合同病院説明会

連携病院の会(兵庫・⼤阪・奈良の医療機関)との連携により、合同病院説明会を実施しています。毎年約50の会員病院から、採⽤担当者や薬局⻑、看護師⻑、リハビリテーション科⻑などを本学キャンパスに招きます。病院概要や教育体制、求める⼈物像などを聞く機会を提供します。

効率的に多くの病院を知れる本学ならではの説明会です。最終学年だけでなく、低学年次から参加できるため、学生は早い段階からキャリアの意識を⾼められます。

医療機関・企業などからの奨学⾦紹介

医療機関・企業からの奨学金情報を学生に紹介する取り組みも行っています。

2019年度奨学金情報件数

【薬学部】 40件
【看護学部】59件
【リハビリテーション学部】10件

卒業後のサポートについて

本学では、卒業後も学生とのつながりを⼤切にしています。在学中だけでなく、卒業後のキャリア形成・就職活動もサポートしています。

卒業生からの在学⽣(後輩)⽀援

有志の卒業生を中心に、在学⽣向けイベントなどを行っています。
めざす職業のリアルな様子を知り、キャリアイメージを具体的に描くことができます。

⽀援プログラム紹介

就職⽀援 就職情報の提供や各種申請・⼿続き、個別指導・相談を行います。
就職相談・履歴書添削・模擬⾯接 学⽣が就職試験を受ける際に必要となる履歴書の添削や、模擬⾯接による⾯接試験対策などを個別に指導しています。原則予約制です。
仕事研究セミナー さまざまな医療専⾨職者がキャンパスで講演し、⼼構えや将来の進路を考える機会を提供します。
ランチタイムミニセミナー 履歴書や⼩論⽂の書き⽅、模擬⾯接など、ランチタイムを利用したミニセミナーを実施します。
登録販売者試験対策講座 登録者販売資格の取得に向けて、試験対策講座を実施して在学中の資格取得をめざします。
保健師・助産師ガイダンス 卒業⽣などの現役保健師や助産師が、仕事内容や採⽤状況、試験対策、合格体験談などを話します。
兵庫医科⼤学病院・ささやま医療センター説明会 兵庫医科⼤学病院・ささやま医療センターのスタッフが病院概要、採⽤情報を説明します。また、個別相談会も併せて実施します。
ささやま医療センター⾒学会 看護学部対象の現地⾒学会です。施設⾒学や看護部長・卒業生との座談会形式の説明会を実施します。
社会⼈スキルガイダンス(マナー対策講座) 外部から招いた講師から、あいさつなどの基本的なマナーをロールプレイング形式で学びます。
公務員採⽤試験対策講座 公務員の採⽤状況や試験内容(教養・専⾨・論⽂・⾯接など)の対策とそのポイントを解説します。
就活スタートアップ講座 本格的に就職活動を迎える前に、準備すべきことなどについて説明します。
社会⼈スキルガイダンス(就活直前対策講座) 外部から講師を招き、就職や社会⼈に必要なスキルを学びます。業界研究、ビジネスマナー、⾯接試験のロールプレイング、メイクアップの仕⽅についてなど充実した内容です。